トップページ | 第二話 しかし、紅茶といっても・・・ »

2012年2月 1日 (水)

第一話 紅茶ライフのはじまり

ずっと、コーヒー党だったのです。

根が凝り性なもんで、豆で買って、いれる直前に挽くのはもちろんのこと、ペーパードリップからはじまり、エスプレッソマシンとエスプレッソ専用のコーヒーミルを買って「おうちエスプレッソ」してみたり、ふわふわミルクをつくるミルクフローサーを買って「おうちラテ」をしてみたり、はたまたベトナム式コーヒーや、野外用パーコレーター、簡単に美味しく入れられるフレンチプレスなど、サイフォンとネルドリップ以外の入れ方はおおかた自宅で試してみました。

結局、直前に挽いた美味しいスペシャルティコーヒーをフレンチプレスでいれるというのが、我が家の定番のいれかたになりました。簡単に美味しく入れられるから、おすすめです。でも、豆がよくないと美味しくないので、豆選びが重要なんですけどね。

今流行のカートリッジタイプのコーヒーメーカーはさわったこともないです。値段が高いし、場所とるし、電気代もかかるし(笑)フレンチプレスの方が気楽です。

そういうわけで、ずっと、珈琲一筋だったのに、齢四十を過ぎると、好みがかわるのでしょうか?

急に紅茶に興味がわいてきたのです。



それもこれも、コイツのせいだ!



Photo




じゃなくて (*´Д`*)


コイツだ!





「THE MENTALIST(メンタリスト)」ってアメリカの連続ドラマをご存知ですか?

去年の冬にはまりまして(笑)これが、けっこう面白いのですよ。サイモン・ベイカー扮するパトリック・ジェーンが独自の観察眼で人の心を読み、怪しい人物にカマをかけたり、ハッタリかましたり、小芝居をして罠をしかけたりして、難事件を解決していくっていうミステリーものなんですが、本格ミステリーからかけ離れたところが面白いです。

で、主人公のジェーンが紅茶党なんですよ。

第一話の冒頭では、娘を殺された富豪の豪華なキッチンに勝手に入り込んで、冷蔵庫を物色し、勝手にサンドイッチをつくり、むしゃむしゃ食べながら、勝手に湯を沸かしてお茶をいれてるんですが、サンドイッチにかぶりつく音、湯を湧かす音、沸騰した湯をカップに注ぐ音、それが、すっごく美味しそうなんですよ!

そこに女主人がやってきて「アナタ誰?」っていぶかしげなんですが、ジェーンに「疲れたでしょう?お茶はいかが?」なんてすすめられると「それじゃあ・・いただくわ」なんて展開に。

なんてことないシーンなのに、パトリック・ジェーンという人物像を強く印象づけます。大胆不敵でずうずうしいのに、人のこころには案外すんなり入り込む。あれよあれよという間に、心の引き出しをどんどん開かれちゃって、ジェーンの巧みな話術ですっかり丸め込まれたり、うっかり悪事を暴露しちゃったりして(笑)

ほかの話でも、警察の事務所(?)でくつろぐジェーンが紅茶を飲むシーンがよくでてくるのですが、大抵は安物っぽいカップにティーバッグのひもがぶら下がってますから、特別おいしそうな訳でもないのですが、何度も繰り返しみてるうちに「もしかして、紅茶って美味しいのかも?」と思いはじめたのです。

わたしも、すっかりジェーンに丸め込まれたってわけですね。



(つづく)


トップページ | 第二話 しかし、紅茶といっても・・・ »

紅茶」カテゴリの記事

コメント

みかんさ~ん!
ブログ開設おめでとうございます♪

やっぱり面白いじゃないですかっ
このオープニングストーリー(笑)
文才のあるかたが羨ましい…

ミステリーに紅茶がアイテムになるのはしばしば目にしますよね
ホームズもお茶してるからか
相棒の杉下右京とか
そういえば『ダージリンは死を招く』というミステリーがあって
紅茶マニアのティールームの女主人が探偵役をするのがありましたね
マカイバリの紅茶が出てきますよ(笑)


早く続きが読みたいですわ~
コーヒーのマニアックな話も素敵です
できればコーヒーの話もよろしく!

また来ま~す

Nirvana・cafeさま

記念すべき初コメントありがとうございます(o^-^o)
おかげさまで、なんとか、投稿できました、ほっ。

文才だなんてとんでもない!
Nirvana・cafeさまのブログもいつも楽しいです!

ミステリーと紅茶の組み合わせ、なにかよく見る気がしますよね。
ミスマープルもそうだし!

アメリカの刑事物にはコーヒーとドーナツが定番なところに紅茶をもってくるって
ジェーンの変人ぶりを紅茶で表しているのでしょうかねえ?

『ダージリンは死を招く』
いやあ、このシリーズ、実は読んでます!
そのことも書こうと思ってたんです〜。
この本で「マカイバリ茶園」が高級品なんだと教わりました。
謎解きの方はけっこうどうでもよくて
ドレイトンのいれるお茶やヘイリーのつくるお菓子に
いつもよだれをたらしてますヽ(´▽`)/

つづきもぼちぼち更新で頑張りますね。

ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637853/43941167

この記事へのトラックバック一覧です: 第一話 紅茶ライフのはじまり:

トップページ | 第二話 しかし、紅茶といっても・・・ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

無料ブログはココログ