« 第三話 ジュンパナ・アッパー2010 オータムナル | トップページ | 第五話 手作りスコーン »

2012年4月26日 (木)

第四話 ジュンパナとコルトンシャルルマーニュ

大昔、といっても15年ほど前、今の旦那が彼氏だった頃、彼がちいさな欧風レストランで働いていたので、勉強も兼ねてワインを飲みまくっていた時期があります。

当時は、今ほど多様な産地のワインは流通してなくて、ワインセラーをもつ酒屋さんなんて、こんな田舎の地方都市ではほとんどみかけることはありませんでした。

ですから、ワインセラーのある酒屋さんは、相当のこだわりがあるか、変わり者って感じでした(笑)

よく旦那と通った隣の市のK酒店の店主も変わり者の大将で、大の日本酒マニアでどちらかというと日本酒メインで、ワインにはさほど興味はなく「流行だから仕方なく置いてる」って言ってました(笑)

そんないい加減なこと言ってるわりに、ワインセラーをのぞいてみると「シャトー・マルゴー」「シャトー・ラフィットロートシルト」「シャトー・オー・ブリオン」など有名高級ワインから2、3,000円ぐらいのワインまでいろいろ取り揃っているのがにくいところで、値段も値札のついてないワインは大将じゃないとわからないという”いい加減さ”が愉快なお店でした。

K酒店では、ほんと、いいワインを良心価格で分けてもらえて有り難かったです。もう、随分行ってないけど、今でもあるのかなあ?なんだかエアポケットのようなお店でしたね。

ここでの大ヒットは、どこからともなく流れてきた放出品の「シャトー・ラトゥール 1979年」が1本1万円で箱売りされてたことと、「コルトンシャルルマーニュ 1992年」が5,000円で買えたこと。

もちろん「シャトー・ラトゥール」は速攻買いしましたよ(笑)普通なら1本4万円はするシャトーですから、お金持ちだったら箱買いしちゃうところですよ。

どちらも、今まで飲んだどのワインよりも美味しく、その味わいは、私の思い出の中で燦然と輝いています。

今は、普段飲みワインは398円のチリやスペイン産のものですが、これが値段の割にまあまあ美味しいので笑っちゃいます(o^-^o) しかし、2、3,000円出すと非常に状態のいい美味しいワインがゴロゴロしてるのですから、いい時代になりましたね。これも、FTAのおかげでしょうか?昔はそうはいかなかったので、どんだけ状態の悪いダメワインで勉強したことか(-_-X)

そんな訳で、ワインの世界観と紅茶の世界観って似てるなあって思ってたら、戸塚真弓さんの「パリからの紅茶の話」でも、そういうことを書いていたので面白かったです。

戸塚さんは、ブルゴーニュでワイン作りをしたこともあるほどのワイン通で、アラビアのプリンセスの夕食会の席で「お飲物は?」問われ、ついうっかり「ワインを」と言ってしまうほどのワイン好き(笑)

私は香水をぜんぜんつけないけれど、香り美人にとても弱く、いい匂いの人とすれちがうと、つい振り返ってしまうし、ワインがブルゴーニュびいきで、紅茶はダージリンが好きなのはそのせいである。ブルゴーニュのワインもダージリンも上等のものは、馥郁とした香りがあり、それは華やかに広がり、気品のある風味が口の中に長く残り、のどごしがさらりとした印象だ。それぞれが個性的な感覚の風味を発揮するところもそっくりだ。ひとつ例にあげれば、ユンパナの香りとすっきりとした繊細な風味のイメージは、ブルゴーニュの辛口白ワインのコルトンシャルルマーニュに似ている。(「パリからの紅茶の話」220、221頁より)

戸塚さんが「ユンパナ」と言ってるダージリンは、おそらく「ジュンパナ茶園」のことだと思いますが、コルトンシャルルマーニュとジュンパナのイメージが似ているのはすごくよくわかります。お茶でもワインでも、味や香りで喚起されるイメージによって、自分の中でそれぞれの個性が形作られるのですが、そのイメージがコルトンシャルルマーニュとジュンパナだとすごく似ていて重なるんですよね。

でも、ワイン道楽はお金がかかる!(笑)
紅茶道楽はワインに比べると安価で最高級品を楽しめちゃうところがナイスなところ。

ところで、ダージリン、とくに、セカンドフラッシュのような
パンチのあるダージリンにあうお茶うけのマイブームが「ソフト干し梅」。

いやあ、あいますよ〜。
ただ、「ソフト干し梅」もいろいろで
甘み強めの柔らかタイプがわたしのおススメです。



(つづく)


« 第三話 ジュンパナ・アッパー2010 オータムナル | トップページ | 第五話 手作りスコーン »

紅茶」カテゴリの記事

コメント

第四話きたー!
みかんさんワインにもお詳しいんですねー。
やっぱり高いワインっておいしいですか?あまりにピンキリで…。
私は紅茶以上にワインわからないですが、何にでも合うから白ワイン好きです。全然わからなくて選べないので、ネットのエノテカとかでワインセット買ったりしてます。
今日も飲もー★一人で!(泣)
にゃんこいるからさびしくないもん…。

第4話キター!
今か今かと待ってましたよ
みかんさんはさすがお酒飲みですね~
アルコール、コーヒー、紅茶…
嗜好品、いや、合法的美味しい薬物の女王とお呼びしたいっ

私はお話ししたように下戸なんですが、わずかなワインの経験であえて言っちゃいますが
紅茶のレビューをしているとワインの比喩がハマることが多いですよね
紅茶も発酵飲料だと言うことが思い起こされます
特に、少し酵母発酵してる気味の紅茶(東方美人とか、ある種の日本紅茶とか)は
つい、メルローとかピノ・ノワールとか(まあ、それくらいしか知らないんですが(笑))
赤ワインの印象がぴったりで

やはりダージリンはマスカテルというだけあって、
フルーティーな繊細な白ワインと通じるんでしょうね
そんな白ワインを飲んでみたいですが…飲んだことありません
お酒のめるみかんさんが羨ましい~

ドライフルーツ(もちろん干し梅のことです)のお茶うけは台湾茶藝館風ですね
発酵の低いお茶は酸味のある甘いのが合いますね

みんつ様、Nirvana・cafe様

いつもコメントありがとうございます。
ちょっと体調を崩してるので
お返事しばらくお待ち下さい。
すみません・・・
気力体力回復次第お返事させていただきますね。

みかん

みかんさん

お疲れさまです
ゆっくりお休みくださいませ
木の芽時は体調が不安定ですから
くれぐれもお大事に…

こんにちは!みかんです。
おかげさまで、だいぶ調子が上がってきました。
お返事お待たせしまして、すみませんでしたm(_ _)m

みんつ様
いつもコメントありがとうございます。
エノテカって初めて知りました。
いろんな産地のワインがあって楽しいですね。
この中から選ぶのって大変そう(笑)
ワインも高ければ美味しいんだろうけど
自分が美味しかったら500円でも1000円でも
良いワインなんだと思いますヽ(´▽`)/
ワイン遊びッて、手当り次第に興味ある銘柄を飲んでみて
自分好みをみつけるのが楽しいんですよね。
ニュージーランドやアルゼンチンのワインは
飲んだ事ないので飲んでみたいな。

Nirvana・cafe様

こんにちは!
お見舞いのお言葉ありがとうございます。
おかげさまで、調子良くなりました。

そうですね、ワインの表現って紅茶にピタリ!重なる印象があります。
チリで行われた世界ソムリエコンテストのドキュメンタリーが面白かったのですが
彼らの表現の引き出しの多さに脱帽です。すごい世界ですよねえ。
それだけ、訓練されてるんですよねえ。
コーヒーの焙煎やブレンダーでも
「スメルボックス(香りの箱)」で日々香りの感性を磨いてる方もいますし
私も香りのアーカイブが貧困なんで
そこまでできたらいいのですが、なんせ気力不足で(^-^;

お茶うけの干し梅なんですが
お気に入りの銘柄がスーパーからなくなって焦ってますヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
以来、いろいろなメーカーの干し梅を試してるのですが
ぜんぜん味が違うんですよねえ。
ドライフルーツもマンゴー、りんご、生姜と試してみましたが、
いまのところ干し梅がベストですねえ。
梅ッてすごい旨味があるのですが
その旨味がダージリンと渾然一体となって倍増するんですよねえ。
しあわせ〜って感じになります。
台湾の茶藝館とか行ってみたいですねえ。

みかんさん、体調良くなられたんですね!
お元気そうでなによりです

しかし、指定の銘柄の干し梅とは!
いや、干し梅って結構テイストの違いが大きいですよね
中国風のは五香粉ぽいスパイシーだし甘いし
カラカラのもあればしっとりのもありで
はやくお茶請けの干し梅が復活されることをお祈り申し上げます

ちなみに台湾の茶藝館ではジャックフルーツのドライに目覚めました
う…美味すぎる
とろっとした青茶に合いますね

そうそう、師匠の漢方の先生が、お酒の席の前に必ず干し梅をヘソに貼ってました
悪酔いを防ぐ働きがあるそうです

Nirvana・cafeさま

こんにちは!
おかげさまで復活しました。
ありがとうございますo(*^▽^*)o

ジャックフルーツですかあ、はじめて聞きました。
日本じゃお目にかかれそうにないところが残念だわ。

干し梅ってほんと味と食感に差があり過ぎですよ。
甘み少なめのに当たったときは
ドライクランベリーを一緒に食べて
甘みを増幅させてます(;´д`)トホホ…

干し梅をおへそにですか!
へえ、やっぱ、おへそから酔い止め成分が吸収されるんですかね??
不思議だわ。

それでは、また!
ありがとうございました1

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637853/44246859

この記事へのトラックバック一覧です: 第四話 ジュンパナとコルトンシャルルマーニュ:

« 第三話 ジュンパナ・アッパー2010 オータムナル | トップページ | 第五話 手作りスコーン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

無料ブログはココログ