« 第四話 ジュンパナとコルトンシャルルマーニュ | トップページ | 第六話 一年ぶりのマーマレード »

2012年6月 5日 (火)

第五話 手作りスコーン

最近、手作りスコーンにはまってます。なんといっても、超お手軽に作れるからです。手慣れてくると、作ろうと思い立って5分後にはオーブンに入れられるというスピーディーなところも魅力的。計量なし、いいかげんでテキトーでも案外上手く行くのには理由があります。



それは・・・




猫の手を借りるから!!



Photo_3




じゃなくて (*´Д`*)


ホットケーキミックスを使うから!!!



ネットでさがせば、カンタンレシピが沢山ヒットするのでぜひともおためしあれ。

私がはじめて作ったのは「バナナスコーン」。ホットケーキミックスは、たいてい200gか150gで小袋分けになってるので、それを一袋とバナナ一本を輪切りにしたのをボールにいれて手で混ぜて、丸めて、ちょっと平らにして天板に載せて、後は170度に温めたオーブンで15分程度焼くだけ。オーブントースターなら焦げ目がついたらアルミホイルで覆って、温度調節をすれば大丈夫。天板が汚れるのが嫌ならば、オーブンシートやアルミホイルをしけば洗い物がひとつ減ります(*^-^)

種が水っぽい場合は、手近にある薄力粉を足して、逆に水分が少ない場合は、水や牛乳、ヨーグルトなどを混ぜて、丸めるのにちょうどいい、べたつかない固さにしてください。

バナナスコーンはすごくバナナの香りがして美味しかったですよ!

バナナスコーンはバナナが水分とつなぎの役割をするのですが、バナナを豆腐に変えてもいいし、粉とヨーグルトの生地にドライフルーツいれたり、チーズ入れたりしても美味しいですよ。あと、リッチ感が欲しければ、はじめに細かく切ったバターを粉に混ぜ込んで、あとは水分足して成形するだけ。バターの量は200gに対して20gと40g試しましたが、どっちも美味しかったです。量はお好みでテキトーに。

要するに、ホットケーキミックスに少しばかりの水分加えて、固めの生地をつくって、丸めて、あとは焼くだけでスコーンができちゃうんですよ。

一点、大事なのは、粉に水分をいれてまとめるときに、混ぜすぎない事!!
コレ大事です。
混ぜすぎると、仕上がりが固くなっちゃうんですよね。
手を熊手のようにして、さっくり混ぜていくと、だんだん、生地がポソポソしてまとまってくるので、できるだけ、生地をこねたり、練ったりしないこと。

その後、いろいろアレンジして、賞味期限の切れた強力粉を使って、パンのようなスコーンをつくったり、チーズやドライフルーツ、ナッツを混ぜ込んだり、とにかくなんでもありのスコーンワールドが展開中です。

薄力粉や強力粉を使う場合は、粉200gに対して、ベーキングパウダーを5g程度混ぜて、好みで砂糖入れたり、塩入れたりしてください。

スコーンって、そのまま食べるというよりも、ジャムやクロテッドクリーム、はちみつやメープルシロップ、バターやクリームチーズなど、お好みで何かをつけて食べるお菓子だから、ちょっと、失敗してポソポソでも、それなりに美味しく頂けるので、そんなに仕上がりに神経質になることもないと思うのですよ。

だから、気軽に試してみるといいと思うな。

だって、お店で買うと、高いでしょ!スコーンって。
でも、売ってるスコーンに負けないくらい美味しいスコーンができますよ。
しかも、沢山!

今日は、朝の炊事が終わったあとにチャチャっと、豆腐スコーンを作ってみました。
分量とかもテキトーで。

今日の材料は、ホットケーキミックス200gに、絹ごし豆腐1パック(120g)

これだけ!

お豆腐は、3パックで100円ぐらいで売ってる小さめサイズのお豆腐です。粉と豆腐をボールでさくっとまぜて、ちょっと、水分量が多かったので、分量外の小麦粉を少し足して、テキトーにまるめて成形して、アルミホイルで覆った天板にならべて、オーブントースターで余熱なしで18分。焦げ目がついたらアルミホイルを生地の上に2枚のせて、温度調節して出来上がり!

焼きたてを食べたら、激ウマ!!!
外はサクッ!中はふんわり!
冷めると、ちょっとばかりのポソポソ感がでるので
軽くあたためなおすと、焼きたての美味しさがもどります。
そのまま食べても美味しいけど
最近の好みは、クリームチーズとマーマレードの組み合わせ!
コレ、サイコーに美味しいよ。

少し前に、親戚が自宅の庭で作ってる甘夏(←無農薬なのだ)を大量に頂いたので、マーマレードを作ったのですが、これがまた、激ウマなんですよ。

手作りマーマレードのお話はまたいづれ・・・ということで・・・

これが、今日作った豆腐スコーンです。

Photo_2



美味しそうでしょ?





(つづく)


« 第四話 ジュンパナとコルトンシャルルマーニュ | トップページ | 第六話 一年ぶりのマーマレード »

紅茶」カテゴリの記事

コメント

みかんさん、こんばんわ~

ヤター!
リクエスト成功!
お忙しいなか、簡単スコーン記事ありがとうございます
やっぱり元祖のレポはいろいろ情報が多岐&緻密で素晴らしいですね
私はお菓子作りをしないし、従ってレポしないし
コツの入れどころが浅はかなんすよね
紅茶のレビューみたいにはいかねぇぜ(笑)
興味ある読者の皆さんにはこちらに飛んでもらうぜ
という、楽をさせていただきたいのです是非
『自家製粗スコーンと劣化バニラティー』のほうにページリンクさせて頂きますが
よろしいですかね?

豆腐の量って、粉の半分より少し多めの方が食感良いですよね
200gの120gで今度私もやってみます

いま書きながら思いついたんですが
これ、豆腐のかわりに卵豆腐とかだと気持ち悪いですかね(だし汁が)
カスタードプリンとか…牛乳プリン…とか
胡麻豆腐とか…杏仁豆腐とか…?
豆腐って付けば列挙していいわけじゃありませんが、つい思いつきで失礼致しました

Nirvana・cafeさま

こんばんは!コメントありがとうございます(*^-^)
リンク、どうぞご遠慮なく!やっちゃってください。

豆腐120gだと、ちょっと水分多すぎで、まとまりにくかったですね(^-^;
まあ、おうちに粉があれば、ちょっと足せばすむことなんで・・・

あと、コーンスターチを粉の2割ほどの分量を入れると
サクサク感がアップするというレシピもありました。
コーンスターチはでんぷんなんで
片栗粉でも代用できるのかも???
でも、そのレシピは、粉の総量の25%のバター入れてました。


で、ご提案の卵豆腐などなどですが・・・

どうなんでしょうねえ???

試してみないとわかんないけど
案外うまくいったりして???(*^.^*)
ホットケーキミックスの完成度が高いから
案外ムチャ振りな材料使ってもうまくいきそうな予感が・・・・

でも、たまたま、ひとつ卵豆腐が余ってるとか
「あっ、プリン賞味期限間近だし・・・なんとかしなきゃ」的な理由がないと
わざわざ作らないかもです~(^-^;

それでは、また~!

みかんさん、こんばんわ♪

リンク許可頂きありがとうございます!
今晩工事しようと思います
ただの酔狂な卵豆腐ネタにもつきあわせてしまい申し訳ありません
…自重します…深夜だったんです

実は昨日、夕食に冷や奴を作って食卓に出すのを忘れ、
仕方がないので3度目の豆腐スコーン作りました
冷や奴の上に乗っていたすりおろしショウガも面倒くさいので投入し
間違えて強力粉の全粒粉を買ってしまっていて、
仕方なくそれを足して豆腐と量を合わせるというすべてにおけるダメっぷり
ミックス150g・豆腐130g・全粒粉90g・ベーキングパウダー4gでいってみました
…出来上がったのは、野性のスコーン(笑)
ドイツ人の作ったような剛健なスコーンとなり(←ドイツ人に失礼)
ジンジャー風味がほんのりしていますが、なにもかもが全粒粉に支配されてました
それなりに美味しかったけど…固かった(旦那は気に入ったようでしたが)
もう少し全粒粉控えようと思いました
むかしの友人の作った全粒粉スコーンはバター満載でしたね
バターの替わりに本気で金胡麻豆腐使ってやろうかしら?(また夜中に騒いでます)

Nirvana・cafeさま

こんにちは!お返事ありがとうございます。
野生のスコーン!
まさに、手作りならではの味わいですね。

そうやって、面白半分に遊んじゃうのが
手作りの楽しさですよ。

わたしも、上記の豆腐スコーンに片栗粉を混ぜたようとしたら
手元が狂って Σ( ̄ロ ̄lll)ハッ!
大量の片栗粉がドサッ!っと入ってしまい
「ヤバいヤバい!」とまた水分補給にヨーグルトを足して・・
みたいなことやってます(爆!)

それでも、美味しいスコーンができちゃったんで
ホットケーキミックスの完成度に助けられました(^-^;

全粒粉スコーンもいいですねえ。
今度やってみよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637853/45540252

この記事へのトラックバック一覧です: 第五話 手作りスコーン:

« 第四話 ジュンパナとコルトンシャルルマーニュ | トップページ | 第六話 一年ぶりのマーマレード »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

無料ブログはココログ